そのドメイン、きちんと被リンクを受けていますか!

ドメインをそのままにせずきちんと被リンク対策を

基本的に被リンクは自作自演をするとブラックハットになる可能性が高いので、適度が良いです。そして、勝手に被リンクが増えるものとは言っても、自分のサイトにどれだけの被リンクがついているのかというのは調べておいて損はないでしょう。無料のツールにドメイン名を入力すれば、それだけでそのドメインに対してついている被リンクの一覧が見れます。さらにそれぞれの被リンクからどれだけの訪問者がいるのかというのも確認できます。
見たところでどうなるかと思うかもしれませんが、コンテンツの内容の方向性が変わってくる場合もあるでしょう。また予想外のところから集客があったりすれば、キーワード選定も返るきっかけになったりします。被リンクをむやみに増やすというよりは、自分のドメインに対する被リンクを知っておくことが重要です。良質なサイトからの自然な被リンクは良いのですが、悪質なサイトから逆seoのために被リンクを大量に貼られているようなこともあります。その場合にはグーグルに報告して処置をしてもらうことも可能です。もちろん自分に何かやましいことがあるとばれるので、それはやっていないことが前提です。
そして、被リンクの対策をしておいて、あとはコンテンツ、キーワード、内部seoです。被リンクのような外部seoはもちろん重要なのですが、最近のグーグルのアルゴリズムからすると、それよりは内部に目を向けた方が良いでしょう。ツールを駆使して他のサイトを研究するのも良いのですが、結局は自分のサイトをユーザーにとって魅力的にすればクローラーが勝手に巡回して判定します。
グーグルの目標はseoをなくす方向なので、コンテンツで勝負が良いです。

ドメインに被リンクを受けさせたいけどどうすれば?

ドメインに被リンクを受けさせるには、業者に頼む方法やサイトの運営者に直接相互リンクを依頼する方法などがあります。これらの手法は昔からあるもので現在もあります。しかしその規模は縮小傾向にあると言えるでしょう。これは、グーグルのアルゴリズムが関係しています。前は今よりも被リンクの数が検索順位に与える影響が大きく、また単純にクローラーの巡回頻度が多く、キーワードが多いなどの単純な基準でサイトを判定している傾向にありました。
その結果、被リンクだけやたら多かったり、キーワードの羅列で意味の分からないサイトが上位表示されたりしていたのです。そうすると、当然せっかく良いコンテンツを作成しているサイトが適正に評価されず、ユーザーにとっても不満な検索順位になりがちでした。
そのため、グーグルは悪質なサイトをはじき出すためのアルゴリズム改変を繰り返し行っているのです。そしてそれは今も続いています。その結果、過去に悪質な方法で上位にいたサイトは軒並み圏外になりました。スパム判定を下し、クローラーの巡回もさせないような感じです。
また、上述の被リンクの大量生成やキーワードのやたら多いサイトもブラックハットの対象になっています。被リンクも自然に増えていく分には良いのですが、極端に意図的に増やすことをするとブラックハット判定を受けて圏外に飛ばされて戻ってこれなくなります。業者はこのことを知っていてなおやっている場合が多いですが、依頼してやってもらったところで結果には責任を持たない業者が大多数です。基本的にseoを売りにしている業者の今後は厳しいです。
なぜならグーグルのアルゴリズムとのいたちごっことなり、今後戦況はますます不利になるからです。

被リンク対策を怠るのはドメインがもったいない?

被リンク対策は最重要項目でもないので別にやらなくても良いです。むしろやりすぎてブラックハットと見なされる可能性も高いです。クローラーを巡回させたいのか、被リンクの数自体をサイトの評価につなげようとしているのかはわかりませんが、基本的にそんなことをしても効果が物凄くあるわけでもないですし、リスクも大きいです。
結局最終的にはクローラーがサイトを巡回してコンテンツを評価することになります。コンテンツを更新して内部seoの行き届いた良いサイトを構築している自覚はあるのに、それでもドメインにアクセスがまるでないというのであれば、被リンクなどの外部seoを意識しても良いでしょう。ちなみに、キーワードに関してはグーグル対策というよりもユーザーが見やすいという意味で重要です。逆にグーグルに過度にアピールする印象のキーワードの埋め込み方をするとブラックハットと見なされます。適度に散りばめて、ユーザーがわかりやすいようにするくらいのものです。コンテンツが良ければ、思わぬワードで入ってきたりもするので、あまりそこに固執するよりは有益なことを更新していった方が良いでしょう。
そして、このコンテンツというのは、文章、写真、動画、内部seoなど内部リンクが適切であることなどが重要です。またサイトのレイアウトも綺麗で見やすいなどあります。
どちらかというと、文章、写真、動画はポジティブアクションです。より良いものを作成し、他社との違いをアピールするくらいのイメージです。逆に、内部リンクやレイアウトはネガティブアクションです。より高みを目指すというよりは、見やすく適正なものを作成し、ユーザーやクローラーが困らないような感じです。少しの遊び心を入れるくらいが良いでしょう。しかしあくまで使いやすく見やすくです。

TOPへ戻る