そのドメイン、きちんと被リンクを受けていますか!

ウェブマスターが管理したいドメインとバックリンク

ウェブマスターといえばホームページやブログを管理すること仕事ですが、コンテンツの管理の他に各種情報も管理しなくてはならなくなっています。ウェブマスターが管理すべき情報は主にドメインとバックリンクです。ドメインについてはコストがかかりますのでその対策と、DNSサーバなどのサーバ管理となります。DNSサーバについては委託することもできますが、サブドメインなどを柔軟に設定することが多い場合は自前で建ててサポートすることも多いようです。バックリンクはWebサイトの価値を示すものですが、無用な場所からのリンクも多数見受けられる場合があります。特にブラックリストに乗るようなサイトやカテゴリが関係のない場所からのリンクは拒否することも多くなっています。バックリンクは数があればいいという時代もありましたが、検索サイトのアルゴリズムが変わってきており、従来の数から質へ転換されてきています。バックリンクの質については特にSnSでのリンクが重要になってきており、場合によっては自らSNSでリンクを作れるようにコンテンツを作るウェブマスターも登場しています。SNSでの情報発信はWebのバックリンクとして大変重要です。また、ツイッターなどではリツイートされますのでリツイートされる数だけリンクの価値が上がるとも考えられうようになってきています。また、バックリンクについてはFacebookなどでの記事中のリンクも重要です。検索でもひっかかりますのでエゴサーチをしてリンクの状態を確かめる方も多くなっています。検索サイトのアルゴリズムは日々進化していますが、リンクの質についてはまだまだ試行錯誤をしているとも言われていますが、人間が価値があると思ったものが採用されている例は多くなっています。

TOPへ戻る