そのドメイン、きちんと被リンクを受けていますか!

ドメインで重要なクロスメディアディレクトリと類語

ドメインをウェブサイトに設定した際注意したいのが検索サイトでの評価です。検索サイトは検索アルゴリズムの変化によってコンテンツ自体をチェックすることが当たり前になっており、以前のようにキーワード数があれば検索上位になることはほとんどありません。あくまでも検索サイトのコンテンツの良し悪しが重要になっています。コンテンツを重視するサイトが増えていますが、さらに競争に打ち勝つために注意されるようになったのが類語です。類語はコンテンツを作る上でコンテンツの価値を上げるためのアイテムとして注目されています。従来のコンテンツの考え方からすれば単語は複数回出るほうがよいと言われてきましたが、類語をうまく活用することで同じ単語よりも深くチェックされ、検索サイト側での評価が上がることが多くなっています。また、類語が多いとインデックスもされやすいという意見も多いです。ウェブサイトの評価についてはバックリンクの重要性が高まっています。バックリンクと言えばSNSからのリンクが重要視されていますが、さらに注目されているのがディレクトリサービスです。もっとも効果的なのがYahooのディレクトリと言われていますが、登録するのは難しいことから他のソーシャル系のディレクトリサービスが利用されることが増えています。ただし、数がとても多いのでクロスメディアディレクトリなどを活用する企業が増えています。クロスメディアディレクトリを活用することで面倒なディレクトリ登録が簡単になるほか、しっかりと管理されているので同じ文面で登録されることも少なく検索サイトの評価を効率的に上げられると期待されており、利用者が急増しているサービスです。

TOPへ戻る