そのドメイン、きちんと被リンクを受けていますか!

ドメインと有料のグループポリシーの活用について

ドメインはメールでよく利用されますが、従来のメールサーバだけではなく、フィルタリングシステムやセキュリティシステムと一緒に活用されるケースが増えています。メールアドレスはドメインで自由に決めることができますが、特に企業での利用において問題が発生しています。その問題とはフィルタリングです。もともとはスパムメールを排除するために買付要されたものですが、メール本文までチェックするケースも増えています。これらのチェック方式はグループポリシーとして設定されますが、企業ごとに強度がかなり違います。また、プロパイダでも同様の仕組みが搭載されることが増えており、外部からのメールが届きにくくなってきています。特に通販業者では問題視してきており、スムーズにお客様にメールが届く方法が模索されてきました。その解決策として登場したのが中古ドメインの利用です。ドメインは維持費が支払われなければ放棄され、新規に取得可能になります。しかし、一度利用されたドメインはメールなら利用実績、ウェブサイトなら検索サイトからの評価などの利点が多くあります。そこで再販業者がこれらを取得して販売するケースが増えています。価格はさまざまですが、価値が高いドメインは高額で取引されています。さらに、メールアドレスとしての価値やウェブサイトでの価値を明記することが増えており希望するドメインを探しやすくなっています。ドメインの調査は有料で行うサービスもありますが、多くは無料で調べられます。Webの価値なら検索サイトでインデックスを調べればいいですし、メールの場合はブラックリストに載っていないことをチェックします。メールで利用する場合は大体の登録日もチェックしておくと安心です。

TOPへ戻る