中古車買取と車検の関係について

中古車を売るときに気にしてしまうポイントの一つに、車検の問題があります。つまり、車を売るタイミングを考える時、車検のことをどれほど考慮すべきだろうかということです。具体的には、有効期間が切れかかってる場合は、検査を通してから売ったほうがいいのか、それとも車検があってもなくても買取価格には関係ないのか、などです。もし大きく買取金額を左右することがあるなら問題ですが、実際にはどうなのでしょうか。

これはどの視点で中古車買取を見るかによっても異なりますが、まず車の買取業者から見れば、車検の付いた車を仕入れることはメリットのあることです。なぜなら、車検が残っている車のほうが売りやすいからです。中古車を買う消費者が気にするポイントには車両検査の有効期間も含まれていて、その期間が短かったりなかったりすると、消費者や購入を控える可能性が高くなります。この意味で、車両検査の有効期間が長い車については、買い手にとってメリットがあるといえます。

とはいえ、有効期間がどれだけ長くてもそれが買取金額を大きく左右するかといえば、それほどでもないのが現状です。その理由は、有効期限の切れた車を買い取ったとしても、業者はそれを安く通す手段を知っているからです。したがって売り手の側からみると、車を売るにあたって、車両検査の有効期間はそれほど気にする必要はないといえます。ただし、まったくポイントにならないわけではないことも知っておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする