自分のスタイルに合わせた場所で車検を受けよう。

現在の日本の法律では、道路を走る車は2年に1回(新車時初回は3年に1回)車検を受けることが義務付けられていて、もし受けなければ無車検車運行となり、罰則を受けることになります。車検を受けるにあたり、オーナーの頭を悩ませるのはその料金です。料金内訳は法定費用と車検基本料の合計からなっています。法定費用には重量税、自賠責保険料、印紙代があり、法定費用なので全国どこで受けても、必ず同額がかかります。

これに対して基本料は、依頼された業者の儲け分となり、基本的に24ヶ月点検整備、検査代、代行手数料等が含まれています。追加整備が必要になったり、エンジンオイル、ミッションオイル、オイルフィルター、タイヤ等の消耗品の交換が必要になった場合には、別途追加料金が必要になります。ではどのような場所でこの検査を受けることができるのでしょうか。まずは各車製造メーカのディーラーですが、ディーラーは設備、人材、経験等が他の業者よりも高水準で、細やかな整備や点検を行ってくれますが、その分割高になってしまいます。

その他には民間の整備工場、車検専門のフランチャイズ店、カー用品店、ガソリンスタンド等でも受けることが可能となっていますが、これらの場所ではその店舗ごとに設備、整備士の技量や経験に大きな差があり、点検や整備をどこまで行うか、代車を貸してもらえるか等にも差があり、それによって料金が大きく異なることになります。それぞれの長所と短所をしっかりと理解して、きっちり整備、点検して欲しい場合にはディーラーで、自分である程度のメンテナンスや点検をしている場合には少しでも安い所でといったように自分のスタイルに合わせて選択しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする