中古車を購入する際には試乗が重要です

中古車を購入する際に、気を付けなければいけないポイントがあります。それは、新車と異なり、同じ車種であっても状態は同一のものが存在しないという点です。前ユーザーの使い方、点検の仕方によって、内外装及び機関部分における状態が異なるのが、中古車の特性ともいえます。その為、購入時にはそれらをふまえた上で選択する必要があります。

まず、車両情報を確認する事が大切です。具体的には年式、走行距離、内外装の程度、ナビやサンルーフなどのオプション品の有無、定期点検記録簿の有無など、これらはインターネット上であれば開示されている情報です。まずは、これらをチェックし条件に合えば実車を見に行く方法がお勧めです。そして、実際に実車を確認する上で、内外装を含む、下回りやエンジンルーム内、トランク内など、確認できる点は全て確認すると後々、トラブルに合いにくくなります。

また、出来る限り試乗をする事をお勧めします。試乗する事で、エンジンやトランスミッション、足回り、インパネなどからの軋み音や異音などがないかチェックする事が出来ます。さらに、エアコンなどの電装品も正常に作動するか確認する事が出来ます。特にエンジン、トランスミッション、エアコンは故障をすると修理費用が高くなる場合がある為、エンジンからの異音、トランスミッションの変速ショック、エアコンの効きはチェックする事をお勧めします。

その際に、万が一気になった点があれば中古車販売店に納車前に修理対応してもらえるのか、相談する事をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする