中古車は走行距離と年式に注目

最近の国産車は、耐久性がたいへん高く走行距離が10万キロを超えても大きな問題が発生しないことも珍しくありません。そのために中古車を選ぶ際には、走行距離を重視するという人も少なくなってきているようです。しかし、車の使用されている状況を推測するために総走行距離は重要な判断材料です。過走行車といって、通常の1年間に走行する距離と比較すると極端に長い距離を走行している車両は、消耗品の摩耗が進んでいたり、使用頻度の高さによって内外装の痛みが年式と比較して目立つようなケースもあります。

目安となるのは、1年で1万キロ程度でしょう。つまり5年落ちの中古車であれば総走行距離が5万キロ程度であれば通常の範囲内ということになります。それを大きく超えるようであれば過走行車と判断しても良いでしょう。しかしキチンとメンテナンスを行われている状態であれば、かえって快調に走ることができる場合もあります。

なるべく安心感を持って乗りたいのであれば車販売会社のディーラー系で販売されている認定中古車がおすすめです。また逆にとにかくリーズナブルであることが条件であれば、アウトレット中古車専門店や個人販売業者などで目的の車を探してみるのも良いでしょう。年式の高さと総走行距離のバランスを良く確認し、整備状況や全体の見た目などをじっくり見極めて購入するかどうかを決めたいものです。できれば同じ年式で総走行距離の異なる2台を比較するのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする