750の中古バイクの魅力

750ccという排気量のバイクは現行車では見なくなりました。この排気量は過去の日本での「国産車の最大排気量」で750「ナナハン」という言葉の響きと相まって過去のライダーの憧れだったのです。この750は現行車では見なくなりましたが一昔前までは生産されていた為中古市場では多く見る事が出来ますので購入する事は難しくはありません。このクラスは大抵900ccクラスと車体を共有しており、ちょうど400ccと600ccの関係と同じようなものなのですが、最大排気量の制限が無くなってからも国産車で750ccのバイクの支持はあり長く生産されていたとうのが中古市場での豊富なタマ数につながっているのですが、人気よりも生産性を優先した結果現行車での製造が無くなったのでしょう。

ですが、前述した通りバイク界のガラパゴスとも言える排気量である「ナナハン」は未だに多くのライダーを引き付ける言葉の響きや憧れがある為人気自体は一定のものがあります。中古市場にもそれは現れていて一昔前まで製造されていたモデルでも値段は上昇傾向にあり、これから製造される事の無いであろう排気量という事でその付加価値も高まっているという事もあるでしょう。絶対的な性能では同じ車体の900ccやそれ以上の排気量のバイクには敵いませんが、性能だけでは語れない魅力が「ナナハン」にはあります。そしてそれに惹かれるライダーの多さが中古市場での人気の高さに反映されているのでしょう。

中古のトレーラーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする