中古バイクのメリットとデメリット

中古バイクを購入するうえで大事なことは、メリットだけではなくデメリットも知っておくことです。まずメリットは、なんといっても新車で買うよりも安価であるという点でしょう。多くの方が新車では手が届かない価格帯のバイクでも中古ならという理由で購入を決断しています。それに加えて、ラインナップが豊富であるというのも魅力です。

現在は新車では出回っていない車種であっても、中古市場で見つかるということは珍しくありませんので、お目当てのモデルがある場合は特に選択肢の一つとなりえるのです。また乗りやすさという点でも新車にのみ絞るより幅が広がるため、自分に合うバイクを見つけやすいというメリットがあります。そんなメリットのある中古バイクですがデメリットも知っておかなければいけません。まず一番のデメリットはバイクの状態が分かりにくいという点です。

例え、同じ年式のマシンだったとしても、前オーナーの乗り方や保管方法、メンテナンスの周期などによって状態は大きく変わってきます。見た目が綺麗だったとしても、肝心のタイヤやブレーキパッドに難があるということもありえるため、購入後に故障が続いて出費がかさんでしまうというケースもよくある話なのです。また販売店によっては、買取後にきちんとメンテナンスを行って販売をするお店とほぼそのままの状態で販売をするお店があります。基本的に後者の方がメンテナンス費や人件費などを節約しているため、安価であることが多いのですが、購入後のトラブルの可能性も否定できません。

ですので、自分でメンテナンスや簡単な修理を行う知識や技術がない場合は購入前に少し考えた方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする