中古バイクを何処で売るかで値段は変わります。

中古バイクを売却する方法としては色々ありますが、大きく分けるとインターネット等を含む個人売買で売る方法と、ショップや業者に売る方法です。個人売買には、インターネットオークション、バイク雑誌の掲示板、知人に直接売る場合等が挙げられます。マシンが希少車種であったり、沢山カスタマイズしてある場合には思わぬ高額な金額で売れることがありますが、廃車手続き、譲渡証明書等の書類が必要になりますし、取引している人と金銭トラブルや名義変更のトラブル等が発生する可能性もあり、よほど慣れている人でないとあまりおすすめは出来ません。ショップや業者に売る場合には面倒な手続きはすべて行ってもらえるので非常に楽です。

街のショップ、大手チェーンのショップ、中古バイク買取専門業者等があります。街のショップですと、よほどの人気車でないと在庫を抱えることになりますので、その店で次のマシンを買う場合の下取りとして出す以外は余り高い値段がつかない場合が多いです。大手チェーン店ですと、在庫を抱えても販売ルートが大きい為に売りさばけるので、そこそこの値段で買取ってくれる場合が多く、下取りですと更に高くしてくれます。中古バイク買取専門業者は、買取をメインにしているだけあって、高額をつけてくれる場合があります。

どの場合にも、マシンはなるべくノーマル状態に近い方が良いです。カスタマイズしてあるマシンは好みが分かれますので、扱いづらいという理由で金額が抑えられることもあるので要注意です。買取業者の場合には、他社を比較対象に出すと値段がアップすることがありますので、状況に応じて取引材料として利用しても良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする